兵庫県から25日段階ご本人の同意がなかったケースも含め19名の方の感染が確認されたこと報告がありました。

それにより、市として発表している感染者の数は25日の2例、29日の3例と合わせて24名となります。

市民の皆さんから「市は隠している」というご意見を頂戴するのですが、感染症に対する調査等の権限は兵庫県(もしくは保健所を設置する政令市・中核市)であり、独自に調査や情報収集することはできません。

このような中、川西市としては、3月から兵庫県に対して感染者の公表を求めておりましたので、今回の公表は市の意見を一定受け入れていただいたものと考えております。

ただ、このまま、なんのコメントもなければ、突然倍増したとの印象を受けますので、時系列で集計してみました。

なお、県の情報をもとに集計したもので、公式記録ではないこと。さらに新たに発表された方に関する個別の情報はありませんので、あらかじめご容赦ください。

※1週間については最初に県内で確認された3月1日を起点に1週間ごとの表記をします。

①3月1日~②3月8日~③3月15日~④3月22日~⑤3月29日~⑥4月5日~⑦4月12日~⑧4月19日~

ここからが集計結果

兵庫県内①10②57③40④19⑤64⑥168⑦144⑧118

阪神間内①6②29③ 26④14⑤37⑥68⑦59⑧28

伊丹保健所管内①2②10③13④8⑤10⑥17⑦21⑧6

いずれも4月5日~18日までの2週間が大きな山となり、感染者数は減少傾向にあることがわかります。これは、緊急避難宣言後のみなさんの協力の成果だと思います。一方で、3月も一度下がったものの、そこから再度上昇に転じているため、やはりこのゴールデンウィークの動きが重要となってきます。

感染者の累計は減少することがないので、倍増というイメージになりますが、市としては全体の傾向をしっかりとつかんでいきたいと考えています。

市としては、一番避けなければならないのは医療や福祉施設等での集団感染です。市薬剤師会の協力をいただき、学校や保育所の責任者を対象とした感染予防対策の研修を実施しています。また、福祉施設に対しては感染予防等に対する巡回相談も始めております。

密集を避ける観点から、このゴールデンウィークは、キセラ川西せせらぎ公園やドラゴン公園周辺の駐車場を閉鎖しました。

学校の休校延長など、まだまだ日常生活を取り戻すところまではいっておりませんが、どうかこのゴールデンウィークもご協力ください。