【地方創生もキックオフ】
藤ノ木さんかく広場では定期的にキッチンカーが出店されています。また今日はイベントも開催。かわにし新時代の賑わいは、行政主導ではなく、みんなでつくりたいと思います。

さて、先週の行財政改革キックオフに続き、今週は第二次地方創生総合戦略の策定に向けてキックオフを行いました。

全事業の再検証と同時進行は事務的には大きな負担ではありますが、同時に実施することで「なんのために全事業を見直すのか」ということが明確になると思っています。

単なる財源不足への対応であれば、優先順位をつけたりせず、市単独事業を止めたり、人件費を含め予算の一律カットを行えば良いのです。何も考えなくて良いし、スピード感も出ます。何より説明も不要です。

ただ、このやり方では市民の幸せにはつながらないので、税金の使い方を変えないといけません。

幸運にも、今年度は地方創生総合戦略の改定年度。事業を見直したその先にあるかわにし新時代を描いてまいります。

そのうえで、私が今職員に伝えていることは
①未来を見据えて新しく発想を盛り込んで策定する
②市民との対話を通じて策定する
③職員同士が徹底的に議論して策定する

みなさんのお力をお貸し下さい。

時代が変わる。川西を変える。
さあ、かわにし新時代へ。