【アステ川西30周年】
平成元年4月4日にオープンしたアステ川西。本日で30周年を迎えました。今日のイベントはぴぃぷぅ広場が超満員。3階まで立ち見の状況でした。

アステ川西は、川西市の発展の象徴的な存在であると同時に、全国の駅前再開発のモデルとして取り上げられたこともありました。

社会経済状況の変化に十分に対応できず、経営危機を迎えたこともありましたが、現在の経営者の努力もあり、開店当時の来客数まで回復してきました。

当時の成功モデルが必ずしも通用しなくなってきた中で、将来を見据えて取り組まなければならないテーマの一つであり、今年度策定予定の産業ビジョンや第三次中心市街地活性化基本計画の中で将来のあり方も検討していかなければなりません。

川西市で働き、稼ぎ、楽しむことができる。そんな、わくわくした地域経済を目指したいと思っています。