【宮城県女川町より】
就任して半月あまり。挨拶周りは続いていますが、同時に12月議会への準備。来年度予算に向けた方向性の議論など市役所内部での議論を続けています。

さて、本日は宮城県女川町より須田町長が市役所にお越しくださいました。川西市は阪神支援チームの一員として女川町と南三陸町に職員を派遣し、復興のお手伝いをさせて頂いています。

本日は昨年、一昨年と女川町に1年間派遣していた上下水道局の職員2名も同席。職員にとって慣れない地域での仕事は大変であることは間違いありませんが、やり甲斐もあるとのこと。何より市民の生命に直結するインフラを守る職員として、被災された方々とのふれあいは、学ぶことが多いとのこと。引き続き、阪神支援チームの一員として活動していきたいと考えています。