【14回目のタウンミーティング】
週末は2日とも雨。それにもかかわらず2日間で約40名の方に参加頂きました。

タウンミーティングは、「ココカラ」という名前をつけました。←わいわいミーティングと違って定着しませんでしたが。

この名前に込めた思い。それは「政治を変えるのは、政治家だけの仕事ではない。市民一人ひとり「個々から」変えていく」ということ。

そのことを行動で示してきました。

サクラなし。ヤラセなし。シナリオなし。

誰が来るか当日にならないと分からない中で、幅広い方と対話をすることができました。

参加者から「ここの意見と私の意見は違う」という意見が出る政治家のタウンミーティングはなかなか少ないのではないでしょうか?

そして、対話は決して他人を説得することではなく、お互いの立場を尊重しながら、共通点を探していく作業です。

地域別のタウンミーティングはこれで一旦終了しますが、決起集会では対話の中で磨き上げてきたマニフェストを発表いたします。

合言葉は

さあ、かわにし新時代へ。
私たちは、できる。