【これからの働き方を変える】
■これからの働き方。週の半分くらいは、川西で働くモデル

川西市民の内、市外に働きに出ている人は4万を越え、市内で働く人の2倍以上もいます。この、仕事は通勤電車に乗って大阪に行かなければならないという生活を変えたい。

ITの発展によって、パソコンひとつで仕事できる人が増え、企業もテレワークを推進しています。図書館の一室や駅前の空き店舗に、インターネット環境等を整備したコワーキングスペースを開設すれば、誰でも自由に川西で働ける環境になる。

目指すのは、週の半分くらいは川西で仕事ができるというライフスタイル。通勤ラッシュも朝の渋滞も関係なし。通勤にかかっていた時間を家族や自分のために使える。働き方を変えれば、暮らしの質も高まる。そんな川西を目指します。

皆さんのご意見お待ちしています