【関西3空港の一体化に向けて】
今日は県立高校の入学式。定期券を買う学生の長蛇の列ってこの時期の風物詩ですが、なんとかしてあげたいですね。

さて、今日は「関西3空港の一体運営に向けた記念パーティ」
4月から神戸空港の運営が民間に移り、伊丹・関西国際空港とともに関西の3空港が一体的に運営されることになりました。

民間の発想と3空港の特徴をそれぞれ活かした運営で、関西全体の底上げに期待したいと思います。

ただ、3空港一体化による効率的な運営や経済的な活性化は必要だし大歓迎ですが、その前提条件としてはやはり安全面・騒音対策などへの取り組みがしっかりなされることです。

特に、騒音問題は長年にわたって地域や行政が一体となって取り組んできた課題であり、その歴史的な経緯はしっかりと踏まえなければなりません。

市議会にいたときには、地元地域の宮路市議がそのあたりの歴史を議会で取り上げていただいてました。

「活性化は否定しない。だけど、その前に取り組んでもらわないといけないことがある」

大きな流れを認識しながらも、地域の声を伝え続けていきます。